本文へスキップ

「動く・走る・語る」

ごあいさつ/プロフィール(Greeting/Profile)CONCEPT

ごあいさつ

CEO

苦学の末、弁護士となったとき「社会的経済的弱者を守る弁護士になろう」と決意しました。衆議院議員となっても、その決意のまま、一貫して庶民の人権と暮らしを守るために、全力をあげてまいりました。これからも、皆様の声をエネルギーとして頑張ってまいります。
 今、晴れやかに新世紀を迎えました。しかし日本は、かつてない不況と少子高齢化の波が押し寄せています。バブル崩壊、金融破綻、大量リストラと続く危機の真っ只中にあって、政治のちょっとしたかじ取りの誤りが日本の運命を左右しかねない状況にあります。こうした中、公明党の決断により、金融再生法が成立し、「世界経済は救われた」と大きな評価を得ました。そして、公明党は、難問を先送りする国民不在の政治状況を打開するため、自民党・保守党と共に政権を担う決断をしたのです。
 その結果、貸し渋り対策、ダイオキシン規制法、保育行政の充実、あっせん利得処罰法、民事再生法等々、庶民の視点に立つ公明党の主張が、着実に政治に反映されてきています。今、必要なのは、党利党略が招く政治の混乱ではありません。「何が国民のためになるのか」との責任ある政治の確立です。公明党は、そして私、漆原良夫は、どこまでも国民のため、庶民のためベストを尽くします。

   


プロフィール

昭和19年11月18日
新潟県燕市生まれ
新潟県燕市で、洋食器加工業を営む両親のもと、3人兄弟の長男として生まれました。
少年期は近くの川や池で魚釣りに熱中しました。小学校6年生の時、恩師の先生より「君は弁護士に向いている」と言われたエピソードもあります。

昭和38年 3月
新潟県立三条高校卒業
三条高校時代は、柔道や山登りに汗を流しました。

昭和42年 3月
明治大学法学部卒業
明治大学時代は、住み込みで新聞配達をしながら大学に通いました。
大学3年生の時、本格的に司法試験を目指しました。

昭和43年
司法試験合格
24歳で司法試験に合格し、新潟地方裁判所で研修しました。

昭和46年
東京弁護士会に弁護士登録
昭和46年弁護士登録後、弁護士活動を開始しました。
昭和58年「東京市ヶ谷法律事務所」を開設し、所長となりました。「庶民派弁護士」として25年間で1万件に及ぶ法律相談を受けました。

平成 8年10月
衆議院議員に初当選
平成12年 6月 衆議院2期当選
平成15年11月 衆議院3期当選
平成17年 9月 衆議院4期当選
平成21年 8月 衆議院5期当選
平成24年11月 衆議院6期当選
平成26年12月 衆議院7期当選
現在
衆議院議員7期
懲罰委員会理事、情報監視審査会委員、
党中央幹事会会長

バナースペース

漆原良夫・国会事務所

〒100-8981
東京都千代田区永田町2-2-1
       衆議院第1議員会館922号室

TEL 03-3508-3639
FAX 03-3508-7149